製造・機械・部品|原子間結合で剥離もないクラッド材

【無料の企業PR広告】
■該当件数2件 | <前へ | 1 | 2 |
TOP > 製造・機械・部品 > バイメタル・ジャパン株式会社

原子間結合で剥離もないクラッド材


複数の素材を使えればと思うことは、何も特別ではありません。ベニヤ板のように身近にあるものもありますが、素材を組み合わせることで、単体以上の能力を発揮できるからです。ですが、金属では単純に張り合わせることができません。強度などの追従ができませんし、やがて接合部分の強度が衰えてしまう問題を抱えるからです。大きなデメリットになってくることから、利用をあきらめるのは珍しいことではありません。この問題を解決できたのがクラッド材です。クラッド材は接合面の強度が高いところが重要です。圧力をかけて熱処理することで、原子間結合にできます。接着とは異なり、剥離もしなくなります。複数の金属がもっている特性を生していけるようになるため、多くの素材の特徴を前面に出せるところが重要です。コストに注目しながらも、軽量化を考えるといった使い方もできるのですから、既存品にクラッド材を使うだけで、バージョンアップも考えていけるでしょう。