お役立ち情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
お役立ち情報

経営コンサルタントという言葉を耳にしても、いまいちどういった職業なのか、どのような仕事を行うのかわからない方も多いでしょうね。
この仕事はビジネスについて高い知識を持っていなければ出来ないものなので、中小企業診断士の資格を持っている場合がほとんどです。
この資格を取るためには法律に詳しくなくてはならず、中小企業診断士試験に合格しなければなりませんが、2段階になっている試験で、士業の中でもかなり難易度が高いため、そう簡単には合格することは出来ません。

ビジネス

合格したいと思うなら通信講座も良いですが、やはり専門学校に通って、講師のもとで学ぶのが一番です。これまでに出された多くの過去問を解くことで、試験の傾向を知ることが出来るので、自力で勉強するよりは合格の確率がかなり高くなります。
中小企業診断士の専門学校はたくさんありますが、インターネットで調べると卒業生の合格率の高さなどがわかるので、それを基準に選ぶと、良い学校に出会えるはずです。合格率が高いということはその学校の講師陣の指導力が高いということになりますし、卒業生の口コミや体験談なども参考になります。
中小企業診断士であるということは法律に詳しいことの証でもあるため、就職・転職にも有利になるので、持っておきたい資格だと言えます。